占星術ソフト販売(西洋占星術・インド占星術) / 占星術情報の発信 / 占星術(無料鑑定・有料鑑定) / 無料のインド占星術ホロスコープドラゴンヘッドとドラゴンテイル - (ラーフ/ケートゥ/ノースノード/サウスノード) / 占星術講座

西洋占星術の未来予測技法セカンダリープログレッション(1日1年法)について解説。

西洋占星術とインド占星術の占星術ソフト販売 占い鑑定ご案内

占星術アストロナインのトップ アストロナインのトップページ

占い鑑定ご案内 占星術を中心とした占い鑑定

占星術&開運法の記事

占いコラム インド占星術と西洋占星術中心の占いコラム

スピリチュアル占星術 スピリチュアル占星術

ロケーショナル占星術 アストロカートグラフィー / サイクロカートグラフィー

ガネーシャ神と開運 ガネーシャ神と開運

占星術ソフトの紹介

占星術ソフト紹介 占星術ソフト紹介

ソーラーファイヤー 西洋占星術ソフトウェア ソーラーファイヤー

ソーラーマップス 占星術マッピングソフト ソーラーマップス

パラーシャラの光 インド占星術ソフト ウェア パラーシャラの光

ジグソー 占星術研究リサーチソフトウェア ジグソー

無料占い鑑定・チャートサービス他

いちご日記管理人いちごのつぶやき♪

無料チャート&鑑定 無料チャート&鑑定

メールマガジン 占星術メールマガジン

無料自動占い集 無料自動占い集

プロフィール プロフィール

占いリンク集 占いリンク集

特定商取引法の表示 特定商取引法に基づく表示

お気軽にメールください
<ichigo@astro9.com>

お気軽にメールください

Copyright (C) 2003
[アストロナイン]
All rights reserved.
 

 

占星術ソフトウェア通販(西洋占星術・インド占星術) / 占星術(占星学)ホロスコープ

ガネーシャ神
 
 占星術アストロナインのトップ > 占いコラム > ドラゴンヘッドとドラゴンテイル
 

占いコラム04

【 ドラゴンヘッドとドラゴンテイル 】

楠 正晴

西洋占星術におけるドラゴンヘッドとドラゴンテイル

西洋占星術では、諸説がありますが、一般的に、ドラゴンヘッド(竜頭)は、「過去世で積んだ良いカルマ(行い)の果報を受けとることができるポイントである」とか、「周囲の人間関係を表すポイントである」と言われています。また、ドラゴンヘッドの対抗に位置するドラゴンテイル(竜尾)は「過去世で受けた恩恵に対して、その借りを返さなければならないポイントである」と言われています。そのため、西洋占星術では、一応、ドラゴンヘッドは吉、ドラゴンテイルは凶とみなされています。しかし、実際のホロスコープ解釈の中で、これら二つのポイントをどう活用すれば良いのか、あるいは、ドラゴンヘッドとドラゴンテイルの真の象意について、一般的には、正確に理解されていないようです。

※ドラゴンヘッドとドラゴンテイルの作用はとても強力です。そのため、その作用を理解しないまま、出生図(ホロスコープ)の解釈にドラゴンヘッドとドラゴンテイルを使用すると、間違った解釈をすることになりますので、ご注意ください。

ドラゴンヘッドとドラゴンテイル - インド占星術から西洋占星術へ取り入れられたドラゴンヘッドとドラゴンテイル。この誤解されがちで不可解な感受点について説明。(ラーフ/ケートゥ/ノースノード/サウスノード) / 占星術講座

ドラゴンヘッドとドラゴンテイルは本当の惑星ではない

天文学的には、ドラゴンヘッドとドラゴンテイルは、実在の惑星ではなく、計算によって導き出される、月の軌道と太陽の軌道の交点です。そのため、西洋占星術では、ドラゴンヘッドはノースノード(北の昇降点)、ドラゴンテイルはサウスノード(南の昇降点)とも呼ばれています。これら二つは、常に正反対に位置しており、常に逆行しながら、約19年間で天空を一周しています。

ドラゴンヘッドとドラゴンテイル - インド占星術から西洋占星術へ取り入れられたドラゴンヘッドとドラゴンテイル。この誤解されがちで不可解な感受点について説明。(ラーフ/ケートゥ/ノースノード/サウスノード) / 占星術講座

インド占星術ではとても重要な惑星

ドラゴンヘッドとドラゴンテイルは、インド占星術から西洋占星術に移入されたものであると言われています。ドラゴンヘッドとドラゴンテイルの移入元であるインド占星術では、それぞれドラゴンヘッドをラーフ、ドラゴンテイルをケートゥと呼んでいて、これらの感受点を便宜的に惑星とみなしています。

インド占星術では、これら二つの惑星にはハウスを支配する権利を与えていないものの、それ以外の点では、太陽系の惑星、すなわち、太陽・月・火星・水星・木星・金星・土星とほぼ同等の扱いをしているのです。実際、その作用の強さは、決して他の惑星に引けをとるものではありません。特に、あるハウスに在住する場合は、他のどの在住星や支配星よりもドラゴンヘッドやドラゴンテイルがそのハウスを代表する惑星になるほどです。

ドラゴンヘッドとドラゴンテイル - インド占星術から西洋占星術へ取り入れられたドラゴンヘッドとドラゴンテイル。この誤解されがちで不可解な感受点について説明。(ラーフ/ケートゥ/ノースノード/サウスノード) / 占星術講座

インド神話に見るドラゴンヘッドとドラゴンテイル

移入元のインド占星術では、ドラゴンヘッドとドラゴンテイルのどちらもが凶星として扱われていますが、その移入先の西洋占星術では、ドラゴンヘッドは吉、ドラゴンテイルは凶の感受点として扱っています。そして、インド占星術と西洋占星術とでは、その象意も、重要度も、まったく異なっています。そこで、ドラゴンヘッドとドラゴンテイルの象意を理解するために、その起源にまつわるインド神話を以下にご紹介しましょう。

インド占星術において、ドラゴンヘッド(ラーフ)とドラゴンテイル(ケートゥ)は、他の惑星と同じように、影響力の大きな惑星として扱われています。その昔、天界には、不死の甘露ソーマという飲み物がありました。この不死の甘露ソーマは「それを飲んだものは不滅の生命を得ることができる」とても貴重なものなので、天界の神々だけに飲むことが許されていました。

あるとき、天界では、ソーマによる神々の饗宴が催されていました。ところが、悪魔のドラゴン(竜)が、その饗宴にもぐりこんで、こっそりとソーマを飲んでいたのです。それを神々である太陽と月が発見したのですが、自分たちだけでは力不足で、とても太刀打ちできそうにありません。

そこで、太陽と月は、根源的な神であるヴィシュヌ神に、悪魔のドラゴンがソーマを盗み飲みしたことを告げ口することにしました。そして、太陽と月の報告を受けたヴィシュヌ神は、その場で、ドラゴンの胴体を頭と尻尾の二つに断ち切ってしまいました。

ところが、不死の甘露であるソーマを飲んでいたドラゴンは、死ぬことができず、ドラゴンヘッド(竜の頭)とドラゴンテイル(竜の尻尾)という、別々の生き物として生まれ変わることになったのです。それ以来、告げ口をした太陽と月に対して恨みを抱いたドラゴンヘッドとドラゴンテイルは、太陽と月を飲み込もうとして、いつも追い回すようになり、太陽と月は、ドラゴンヘッドとドラゴンテイルを恐れて、逃げ回るようになったのです。

太陽・月とドラゴンヘッド・ドラゴンテイルの相性の悪さは、このインド神話から理解することができるでしょう。

しかし、太陽と月は、ドラゴンテイルよりも、ドラゴンヘッドとの相性の方が悪いようです。ドラゴンヘッドには太陽と月を飲み込む頭(口)がありますが、ドラゴンテイルにはありませんから。

ドラゴンヘッドとドラゴンテイル - インド占星術から西洋占星術へ取り入れられたドラゴンヘッドとドラゴンテイル。この誤解されがちで不可解な感受点について説明。(ラーフ/ケートゥ/ノースノード/サウスノード) / 占星術講座

ドラゴンヘッドの根本的な象意は『飽くことのない貪欲さ』

ドラゴンヘッドは、頭だけで胃袋のない竜ですから、食べてばかりで、満足することがありません。そのため、『飽くことのない貪欲さ』がドラゴンヘッドの根本的な象意です。『飽くことのない貪欲さ』のために、次から次へと欲望を増大させ、満足できない苦しみを持ち続けているのです。また、『飽くことのない貪欲さ』の裏返しとして、今まで得ていたものを突然失うときの苦しみも多く経験します。

ドラゴンヘッドは重苦しい圧迫するようなエネルギーを持っていますから、インド占星術では、ドラゴンヘッドは土星に似た働きをすると言われています。

ドラゴンヘッドが1室に在住する場合、その象意である『貪欲さ』がその人自身の性格に強い影響を与え、よく言えば積極的な性格、悪く言えば強引な性格となります。また、変わり者で、改革を好む性質もあるようです。

ドラゴンヘッドは凶星ですが、その位置する星座やハウス、受けるアスペクトによっては、とても良い働きをすることがあります。ドラゴンヘッドは、パワーが強いので、その分、ものすごく大きな達成や成功をもたらすことがあります。

たとえば、これは政治家に多い配置ですが、ドラゴンヘッドが10室に在住する場合、10室のテーマである職業上での成功や地位の獲得に『飽くことのない貪欲さ』を発揮します。その結果、アスペクトや他の要素がそれを支援していれば、その目的を達成することができます。

また、ドラゴンヘッドが11室に在住している場合、11室のテーマである願望の達成や利益の獲得に向けて『飽くことのない貪欲さ』を発揮し、それを達成することでしょう。ところが、ドラゴンヘッドの力によって得られたものは永続性がなく、いずれはすべてを失ってしまうとされています。

ドラゴンヘッドとドラゴンテイル - インド占星術から西洋占星術へ取り入れられたドラゴンヘッドとドラゴンテイル。この誤解されがちで不可解な感受点について説明。(ラーフ/ケートゥ/ノースノード/サウスノード) / 占星術講座

ドラゴンテイルの根本的な象意は『純粋さ・精神性の高さ』

ドラゴンテイルは、尻尾だけの竜ですから、ドラゴンヘッドとはまったく逆に、貪ることがなく、『貪りのなさ・囚われのなさ』を特徴とします。また、頭がないドラゴンテイルは思考から解放された存在ですから、解脱や悟りの表示体でもあり、『純粋さ・精神性の高さ』がその根本的な象意です。その『純粋さ・精神性の高さ』はインド占星術の九惑星の中でも最高レベルです。超能力・直感・霊感もドラゴンテイルの象意に含まれます。

ドラゴンヘッドとドラゴンテイル - インド占星術から西洋占星術へ取り入れられたドラゴンヘッドとドラゴンテイル。この誤解されがちで不可解な感受点について説明。(ラーフ/ケートゥ/ノースノード/サウスノード) / 占星術講座

ドラゴンテイルなくして真の精神性は理解できない

精神性や宗教性を知るためには、精神性や宗教性を司る木星だけではなく、ドラゴンテイルの状態を調べることが必要不可欠です。これは、占星術師としての素質を知る上においても重要なことです。たとえば、12室はドラゴンテイルにとって最高のハウスです。次に8室、そして4室、それから5室も良い位置です。また、木星か水星がドラゴンテイルとアスペクトなどで関わることは非常に良い精神性を表しますが、その中でも、木星とドラゴンテイルのコンジャンクションは最高の配置です。

しかし、木星とドラゴンテイルがオポジション(対抗)にある場合は注意が必要です。ドラゴンヘッドとドラゴンテイルはいつも必ず正反対に位置していますから、ドラゴンテイルと木星がオポジションなら、ドラゴンヘッドと木星は必然的にコンジャンクトすることになります。これは『低俗なコンビネーション(グル・チャンダラ・ヨーガ)』として知られるもので、精神性にとって悪い表示です。なぜなら、精神性や宗教性を象徴する木星と貪欲で現世的なドラゴンヘッドがコンジャンクトすることによって、自我(エゴ)による精神性・宗教性の破滅を象徴しているからです。このドラゴンヘッドと木星のコンジャンクトに対して、火星や土星が、アスペクトなどによって、さらに影響を与えている場合、このコンビネーションが表している『低俗』の象意がより強くなります。

ところで、『純粋さ・精神性の高さ』を象徴するドラゴンテイルがどうして凶星なのでしょうか?

それは、ドラゴンテイルの特徴である『貪りのなさ・囚われのなさ』から、突然仕事や勉強をやめて精神性に目覚めたり出家したりするようなことがあるからです。また、苦しみは精神的に目覚めるための起爆剤となるものですが、精神的な目覚めを喚起するような突発的な事故もドラゴンテイルの象意に含まれています。

こういった事故や病気によって精神性に目覚めることは精神性の観点からは良いことですが、一般的・現世的観点からは悪いことです。それゆえに、ドラゴンヘッドとは別の理由から、ドラゴンテイルもやはり凶星といえるのです。

ドラゴンヘッドとドラゴンテイル - インド占星術から西洋占星術へ取り入れられたドラゴンヘッドとドラゴンテイル。この誤解されがちで不可解な感受点について説明。(ラーフ/ケートゥ/ノースノード/サウスノード) / 占星術講座

ドラゴンヘッドとドラゴンテイルに共通する象意

ドラゴンヘッドは『飽くことのない貪欲さ』、ドラゴンテイルは『純粋さ・精神性の高さ』を表しますから、この両者はまったく正反対の象意を持っています。

しかし、実際には、共通する象意も多く存在しています。例えば、『異常性・突発性』がドラゴンヘッドとドラゴンテイルに共通する特徴です。そこから、難病・奇病・不治の病・突発事故などの象意が導き出されます。さらに、『異常性』から、外国などの異文化も象意として導き出されます。

たとえば、学習を表す5室にこれらの惑星が在住する場合、外国に関するものや外国から入ってきた技術・文化・言語などを学ぶ傾向があります。また、人物でいえば、一般社会から外れた人、身分の卑しい人、外国人などが象意に含まれます。たとえば、ドラゴンヘッドが結婚を表す7室に在住するか7室の支配星とコンジャンクトした場合、外国人との結婚を示す一つの要素となります。

ドラゴンヘッドとドラゴンテイル - インド占星術から西洋占星術へ取り入れられたドラゴンヘッドとドラゴンテイル。この誤解されがちで不可解な感受点について説明。(ラーフ/ケートゥ/ノースノード/サウスノード) / 占星術講座

ドラゴンヘッドとドラゴンテイルは明確に機能している

ここに書いてきたドラゴンヘッドとドラゴンテイルの象意は単に理論上の知識ではなく、ホロスコープを解釈するときにはっきりと実感できるものです。

しかし、たとえドラゴンヘッド・ドラゴンテイルが示す象意が、あるホロスコープから見て取れたとしても、「多くある占星術的要因の中で、それがドラゴンヘッドとドラゴンテイルの作用であるとなぜ断定できるのか?」、「他の惑星の作用をドラゴンヘッドやドラゴンテイルのものと勘違いしている可能性はないのか?」という疑問があるかも知れません。

これについて、インド占星術には、惑星の作用を確かめることのできる確かな技法が存在しています。それが『ダシャー』です。

※もしドラゴンヘッドとドラゴンテイルについて書こうと思えば、それだけで一冊の本ができるくらい膨大なものです。ここでご紹介した内容は、その一部に過ぎないことをご了承ください。ドラゴンヘッドとドラゴンテイルの精神性・霊性における側面については、スピリチュアル占星術の中でも触れていますので、興味のある方はご覧ください。

ドラゴンヘッドとドラゴンテイル - インド占星術から西洋占星術へ取り入れられたドラゴンヘッドとドラゴンテイル。この誤解されがちで不可解な感受点について説明。(ラーフ/ケートゥ/ノースノード/サウスノード) / 占星術講座

←前の記事へ  次の記事へ→  占いコラム  アストロナインの占星術トップ

ドラゴンヘッドとドラゴンテイル - (ラーフ/ケートゥ/ノースノード/サウスノード) / 占星術ソフト販売(西洋占星術・インド占星術) / 占星術(占星学)情報発信 / 占星術(無料占い鑑定・有料占い鑑定) / 無料インド占星術ホロスコープ / 占星術講座